一服としてタバコでストレス解消していた人たちも、肩身の狭い思いをしてむしろストレスが溜まっているのではないでしょうか?禁煙の効果はすぐに表れます。禁煙のすばらしさを体感しましょう。

タバコを吸っている男性
  • ホーム
  • 妊娠中の喫煙が胎児に影響を及ぼす

妊娠中の喫煙が胎児に影響を及ぼす

妊娠中は母体や胎児への色々な影響が気になるものでしょう。
普段から喫煙しているという人もいるかもしれませんが、妊娠したら禁煙することが重要です。
タバコはもともと体に良くないものと言われていますが、妊婦や赤ちゃんにも様々な悪影響を及ぼすとされています。

喫煙することでニコチンや一酸化炭素などの有害物質が体内に吸収されることになります。
これらの物質は血管を収縮させるという作用があるため、妊婦の血流を悪くしてしまいます。
また、一酸化炭素は酸素を運ぶ役割のあるヘモグロビンと結合してしまい、体内に必要な酸素をしっかり届けられなくなってしまいます。
血液循環が悪くなってしまうと胎盤の機能が低下しますし、流産や早産の原因になってしまうこともあります。
また、喫煙は赤ちゃんの発育にも関わってくるということです。

妊娠中に喫煙した場合、新生児の低体重や子宮内胎児発育遅延といったリスクがあります。
低体重とは出生体重が2500g未満の赤ちゃんのことであり、本来なら母体の中で成長するべき体の機能が十分に発育せずに誕生してしまうということです。
そのため感染症や合併症にかかりやすくなってしまいます。

網膜に異常が見られることもありますし、抵抗力が弱いので黄疸症状が出やすくなります。
重度の場合は集中治療室で治療を受ける必要があるため、しばらく赤ちゃんと会えなくなってしまうこともあるでしょう。
妊娠中に喫煙していた場合、生まれた後の成長過程でもさまざまな影響が出てきてしまいます。
身長や学力などが低くなってしまうと言われており、言葉の発達や認識度も低下してしまうことが分かっています。

妊娠中の喫煙は妊婦にも影響を及ぼします。
女性特有の病気でもある子宮がんには様々な要因が考えられますが、タバコを吸っている人は吸わない人によりもリスクがかなり高まってしまうと言われています。
喫煙により血流が減ってしまうのは妊婦も赤ちゃんも同じですし、体に様々な影響が出てしまうと知っておきましょう。
出産後なら赤ちゃんへの影響は少なくなりますが、受動喫煙などのリスクもありますし、できるだけ禁煙を目指すことが大切です。

出産後もできるだけ禁煙は継続しよう

喫煙をする女性も増えてきていますが、妊娠中はもちろん、出産後もできるだけ禁煙は継続するべきです。
妊婦の間は、低体重児の誕生のリスクが高まったり、十分に発達がされないまま誕生するようなリスクが増えるなど、直接胎児にたばこの悪影響が及ぶため、きちんと我慢する方も多くいます。
出産後も赤ちゃんに与える悪影響は大変大きいので、可能な限り禁煙は継続するべきです。

母親が喫煙をすることによる赤ちゃんへの悪影響として考えられているのが、受動喫煙による大きな被害です。
喫煙をしている本人よりも、実は受動喫煙のリスクにさらされている周辺の人の方が体に負う悪影響というのは多いといわれています。

受動喫煙にさらされている赤ちゃんに見られやすい症状で代表的なものとして考えられているものには、乳幼児突然死症候群やせき・たん・息切れなどの呼吸器症状、気管支炎、肺炎、喘息、中耳炎などが挙げられます。
特に怖いのが乳幼児突然死症候群で、何の前触れもなく赤ちゃんが突然亡くなってしまうという恐ろしい症状です。
きちんと原因が解明されてはいませんが、確実にたばこの影響は関与しているということが判明しています。

成人になってからの肥満、糖尿病、メタボリックシンドロームの発生も、子供のころの受動喫煙の有無及びその量によって影響があるという研究結果もあります。
もちろん、これは母親だけの問題ではありません。
父親で喫煙をしている方も、家族を守る意味でも禁煙に協力するべきです。
自らも禁煙を開始するなどの取り組みをすることで、家族共通の意識をもってたばこの悪影響を取り除くようにすることをお勧めします。
家族全体での協力体制が重要になるでしょう。

人気記事一覧