一服としてタバコでストレス解消していた人たちも、肩身の狭い思いをしてむしろストレスが溜まっているのではないでしょうか?禁煙の効果はすぐに表れます。禁煙のすばらしさを体感しましょう。

タバコを吸っている男性
  • ホーム
  • 喫煙者はモテない?タバコは嫌われる時代に

喫煙者はモテない?タバコは嫌われる時代に

一昔前までは映画やドラマではかっこいい俳優がタバコを吸っているシーンが溢れ、そのシーンが俳優のかっこよさを際立たせていました。
お笑いなどもテレビ番組では普通に喫煙しており、多くの人にとってはタバコは嫌なものというより、大人のかっこいい嗜みという見方が強かった時代が確かにありました。

しかし昨今、喫煙者はどこにいっても疎まれ、嫌われる環境になってしまいました。
喫煙者自身も路上禁煙やお店での禁煙などどこに行ってもタバコを吸えず喫煙スペースを必死に探し回り、かえってストレスが溜まってしまうという本末転倒な状況になっています。

タバコは喫煙者にとってはあまり気にならないところでも、非喫煙者にとっては様々な迷惑になることが多くあります。
服や髪の毛、口臭に至るまで臭いの問題は非喫煙者にとって深刻です。
どんなにブレスケアや香水でニオイ対策してもやはり残臭は強く残り多くの人を不快にさせます。

さらに副流煙という健康被害も周囲に撒き散らしてしまうことがもっとも大きな害であり、近年はテレビや映画などでも喫煙シーンは自粛するよう規制が働いています。
もはやタバコを吸うことはかっこいいとされる時代ではなく、自己管理ができない、モテない、かっこ悪いという印象のほうが圧倒的に一般的になっています。

周囲のタバコのへの嫌悪感とともにタバコ自体もどんどん値上がりをし高級な嗜好品となり気軽に吸うにも大変時代になりました。
そのような環境の変化もあって近年喫煙者は減少傾向にあります。
特に男性は昭和40年台は80%以上もの喫煙率が昨今は30%を切り減少しています。

しかし女性は、ピーク時の20%近くからは半数以下の9%台と大きく減少しましたが、ここ数年は喫煙率は横ばいでファッション感覚で吸う傾向が未だに根強くあります。

禁煙の並はこれかもさらに進んでいくことは間違いありません。
ファッション的な喫煙スタイルも日に日に衰退していくでしょう。
百害あって一利なしのタバコです。

女性の喫煙者は男性からの好感度はかなり低い

女性の喫煙者は男性からの評価をかなり下げていると考えてよいです。
タバコがカッコイイと言われた時代は終わり、今は男女ともに嫌われることが多いでしょう。
特に女性が喫煙者だとモテない確率が高くなるので、喫煙スペースを使用して喫煙するのも避ける必要があります。
確かに喫煙スペースを使用すれば受動喫煙で他人に迷惑をかけることはありませんが、タバコのニオイは強烈な体臭となります。
車内で喫煙する人をイメージするとわかりますが、ガラスやダッシュボードにもニオイが染み付いているでしょう。

特に非喫煙者にとってタバコのニオイは強烈なので、早めの禁煙をおすすめします。
最近はタバコの値上がりによって喫煙者は減少傾向にありますが、まだまだ愛煙家は少なくありません。
喫煙は口臭を強くする原因にもなるので、デートで嫌われる可能性もあるでしょう。
体臭が相手に与える不快感は非常に大きいので、体臭対策のためにも禁煙が必要です。

また、喫煙者は不潔というレッテルを貼られやすいので、喫煙することで得することは何もありません。
健康被害を引き起こす原因にもなりますし、同じスペースで喫煙すれば受動喫煙の問題もあるでしょう。
周りにいる人たちはフィルターごしではない状態で煙を吸い込むので、喫煙者以上にニコチンとタールの健康被害が大きくなります。

女性の喫煙者が増えた理由には、昔と比べて仕事のストレスが増えたことがありますが、ストレスをタバコで解消することはデメリットが大きいです。
リラックスできるのは感覚的な問題であり、身体は大きなダメージを受けています。
歯を黄色や茶色に染めてしまう原因にもなるので、容姿は綺麗なのにモテない女性になりかねません。
男性からの好感度を高めるためにも、早めの禁煙を意識してください。