一服としてタバコでストレス解消していた人たちも、肩身の狭い思いをしてむしろストレスが溜まっているのではないでしょうか?禁煙の効果はすぐに表れます。禁煙のすばらしさを体感しましょう。

タバコを吸っている男性
  • ホーム
  • 人気沸騰中の電子タバコ「iQOS」って実際どう?

人気沸騰中の電子タバコ「iQOS」って実際どう?

電子タバコの中でも人気を集めているのがiQOSです。
iQOSはタバコスティックを挿入するパイプと充電器がセットになっているものです。
煙草を吸う時には、パイプを充電器から取り出して、コンビニなどで購入可能なタバコスティックを挿入します。
パイプに付いている電源を長押しするとLEDが点灯を始めるので、この状態になった段階で煙草を楽しむ事が出来るようになるグッズです。

電子タバコは煙が出ないなどからも人気が集まっていますが、iQOSの場合は本体の費用の他にタバコスティックを購入する必要があります。
液体リキッドタイプと比べると掃除などのメンテナンスがそれほど要らないのも人気を集めている理由ではないでしょうか。
液体リキッドタイプの電子タバコの場合は、定期的に液体を専用のアトマイザーに注入するなどが必要です。
しかし、iQOSはコンビニなどで買う事が出来るタバコスティックがあればいつでも煙草を楽しめる魅力を持っています。

タバコスティックはニコチン成分を含んでいますが、普通の紙巻煙草のようなタール成分が含まれていません。
そのため、フィルター部分が黒くならないのが特徴です。
タールが含まれていないので歯が汚れないのも魅力ではないでしょうか。
一見、タールが含まれていないと満足度が低いなどのイメージを持つ人も多いかと思われます。
個人差はあるもののタールが含まれていなくてもニコチン成分が含まれている事から煙草を吸った満足感を得られる人が多い、それ故に人気が集まっているわけです。

ちなみに、iQOSは使い終えた後は充電器にパイプを装着してチャージを行う必要があります。
本体にセットした状態で持ち運びが出来るのも便利ですし、最近は短時間で充電してくれるiQOSも登場しています。
普通の煙草はタールが含まれているので部屋の中がヤニで汚れる、歯の裏側も汚くなるなどのデメリットがあります。
火を使うので火事のリスクや吸った後の灰が落ちてしまう事などもありますが、そのような煙草のデメリットをなくしたものがiQOSと言えましょう。

充電しないと使えないのがやや面倒

電子タバコの中でもっとも有名で人気があるiQOSは、充電しなければ使用することができません。
iQOSチャージャーとiQOSホルダーの両方を充電しないといけないため、電気がなくなった場合には使用することができません。

電子タバコのiQOSは、チャージャーにホルダーを挿入して充電することによって使います。
チャージャーは、フル充電をした場合には20回ほどホルダーに電気を送ることが可能ですが、ホルダーはタバコを1回吸うごとに充電しなければならないため、連続で何本もタバコを吸うことができません。
そのため、何本も吸いたい場合には、複数のiQOSのキットを購入する必要があります。
1回のホルダーの充電には、5分ほどの時間がかかってしまうため、タバコを吸った後に次のタバコを吸うための準備をしなければならないので、注意が必要です。

また、iQOSホルダーは掃除をしなければ、おいしいタバコを吸い続けることができません。
専用の綿棒のようなクリーナーで定期的に掃除をする手間もあるため、面倒なメンテナンスが苦手な人には向かない可能性があります。

手間がかかるiQOSですが、満足度は非常に高いです。
1本のタバコを徹底的に吸い続けることができるため、トータル的なタバコの購入費用を抑えることができます。
コンビニで扱っているお店も多く、気軽に購入しやすい環境が整っているため、今後も人気が続く可能性が高いです。

そんな人気のあるiQOSは従来のタバコよりも多くのニコチンを摂取する危険性があるため、摂取量に注意をする必要があります。
ニコチンは水溶性であるため、水蒸気を利用しているiQOSは多くのニコチンを体内に取り入れる可能性もあるため、健康面に気をつけながら吸うことも重要になっています。