一服としてタバコでストレス解消していた人たちも、肩身の狭い思いをしてむしろストレスが溜まっているのではないでしょうか?禁煙の効果はすぐに表れます。禁煙のすばらしさを体感しましょう。

タバコを吸っている男性
  • ホーム
  • ニコチン依存症の定義とは?

ニコチン依存症の定義とは?

ニコチン依存症の定義とは、タバコを吸うと脳にニコチンが届いて快感を生じさせる物質であるドーパミンが放出され、それが脳内に放出される事で喫煙者は快感を味わうと同時に、またもう一本吸いたいという衝動に駆られます。
その結果また吸ってしまいこれを何回も繰り返すという悪循環に陥ります。
この自分の意思とは反して体がニコチンを欲し続ける状態になってしまったのがニコチン依存症です。

たしかにタバコを吸う事で一時的に快感が生じて、頭もシャキッとさせてくれる覚醒効果もあり、さらには緊張している時に吸う事で気分を落ち着かせる鎮静効果もあります。
しかし何も考えずに吸い続けていると、いざタバコがなくなった時にニコチンが切れてイライラしたりする禁断症状が出るようになります。
これが身体的依存です。

また、他人がタバコを吸っているのを見ただけで自分も急に吸いたくなったり、仕事の休憩や昼休みには2本吸うとか風呂上りに一服するという習慣を日々の生活で作ってしまうと、同じような場面に出くわす度に吸いたい衝動に駆られるようになります。
これを心理的依存といいます。
この二つを持ち合わせている人はニコチン依存症です。

特に若い時からタバコを吸っていて喫煙年数が長かったり、1日にタバコを吸う本数が多いヘビースモーカー程、ニコチン依存症になりやすいです。

ニコチン依存症になってしまうと、「タバコのヤニで部屋や本等が汚れ、自分の歯も黄ばんで口臭も出るようになった。
肺も汚れてしまったし吸っていたらお金もかかるし何も良い事がないのでもう吸うのは止めよう」と思っても中々止められずにまた吸ってしまうという状態になります。

そしてタバコを吸っていない時間が長くなると落ち着かなくなり集中力もなくなってイライラして周囲の人にあたったり、精神的にも不安になり寝つきが悪くなり中々眠れなくなります。
ニコチン依存症は病気なので、医療機関で治療を受ける事が大切です。

何故簡単に抜け出せないのか

なぜニコチン依存症になるとタバコから簡単に抜け出せなくなるのかというと、ニコチンの脳への作用に大きな原因があります。
ニコチンが脳に届いた際にドーパミンが放出されるのは先述の通りですが、問題はニコチンの作用がわずか30分もすると切れてしまうところにあります。
体内のニコチンがなくなると、ドーパミンの放出が止まり、快感がなくなってしまうと同時に反対にイライラしたり、落ち着かなくなったりなどの離脱症状が現れるようになってしまいます。

この症状を改善するために、もう1本、さらにもう1本とやめられなくなってしまうことが、タバコから簡単に抜け出せない理由となっています。
抜け出せないままタバコを吸い続けると、やがてドーパミンの放出時間が短くなっていきます。
その結果1日に必要なタバコの本数がどんどん多くなっていき、結果重度のヘビースモーカーになってしまうことが多いです。
ヘビースモーカーの明確な定義は定められてはいませんが、一般的には1日に2箱、計40本以上のタバコを吸う人のことを言います。

ニコチンはれっきとしたな有害物質です。
ヘビースモーカーになると肺ガン等の健康被害だけではなく、歯のきばみや、部屋や衣類、髪等にヤニが付着し、始終嫌煙家にとっては不快な臭いが染みついてしまうといった生活衛生上の被害も大変多くなってきます。

一度始めてしまうと、その依存性により簡単には抜け出せなくなってしまうタバコ。
一度だけと軽い気持ちで始めてしまったが最後、タバコを吸った時の快感を忘れることができず、ずるずるとニコチン依存症になってしまうことが多いです。
そうなったが最後、禁煙するにはかなりの労力とお金が必要となってしまうでしょう。

人気記事一覧